🎼神々の宿る世界樹 ~Zoidsユグドラシル~Ψ

神仏を敬いゾイドを祀るゾイド教団の地下迷宮です。尚、オフィシャルサイトでは御座いませんので神社仏閣の擬Zi化につきましてはタカラトミー様ならびに神社仏閣関係者様からの苦情がありしだい画像を消去いたします。

埼玉県大宮市 🔯一宮氷川神社(不完全体)

🎼出雲族到達。
f:id:jonjonino7:20181111113227j:plain
SPEC・・・・<名前>イチノミヤ・ヒカワ神社 

 Ψ祭神 須佐之男命、稲田姫命、大己貴命
🔯※月次・新嘗    ∞無限
≪発掘地域≫ 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目1−407・・・・<公式>氷川神社は社記によれば「第5代 考昭天皇の3年4月末の日の創立」と伝えられます。当社は古くから歴代朝廷や武将の尊崇を得て由緒ある大社としてその歴史を誇っており、「大宮」という地名もこの氷川神社に由来してます。 古くは景行天皇の時、日本武尊が東征のおり、当地に足を止めて祈願され、また成務天皇の時、武蔵国造となった兄多毛比命が出雲族を引き連れてこの地に移住し、氷川神社を奉崇したと伝えられます。 その後、聖武天皇(724~749)の時「武蔵国一の宮」と定められ、ついで称徳天皇の天平神護2年(766)には朝廷から武蔵国では当社だけに封戸(三戸)が寄進され、さらに醍醐天皇の延長5年(927)の「延喜式神明帳」には、名神大社としては破格の月次新嘗の社格が与えられています。
 このほか鎌倉時代には治水4年(1180)に源頼朝によって社殿の再建と社領3000貫が寄進されたといわれ足利氏、北条氏も相次いで尊仰しました。江戸時代には徳川氏より社領300石が寄進され、また文禄5年と寬文7年には社頭の整備と社殿の造営が行われている。・・・その後、明治元年(1868)東京遷都に際し、武蔵国の総鎮守「勅祭の社」と定められ、明治天皇自ら親拝に。明治4年寛幣大社となり明治15年に、本殿、拝殿、回廊等を造り変え、現在の景観となっています。



f:id:jonjonino7:20181108210408j:plain

・・・あの日ぼくらは、泣いてー泣きいじゃくうってー🎵
f:id:jonjonino7:20181108194307j:plain
・・・あれ・・・?

「子の神氷川神社」清掃イベントの帰り道、仲間達からの熱烈な勧めを振り切り帰途へ。異常な眠気の中、少しでも安く少しでも速く東京方面へ向かおうした結果、途中で寝てしまい降りるはずだった乗り換え駅を通過。慌てて反対方向行きの電車に乗り込み・・・・立ったまま熟睡。f:id:jonjonino7:20181108204014j:plain

微かに遠くから聞こえてくる「白岡・・・新白岡・・・久喜」という聞き覚えのある懐かしいアナウンス。あれ・・・・なんだろう?もしかして栃木県に向かってないか? 「つぎはあ大宮大宮❗」
・・・・・・ぬわにいーーーー!Σ( ̄□ ̄;)
ここで降りないと実家に行ってしまう❗
f:id:jonjonino7:20181108204358j:plain

「急がばまわれ」とは良くも言ったもので朝来たルートをそのまま帰れば良かった・・・。
f:id:jonjonino7:20181108204532j:plain
一宮氷川神社・・・・・・・f:id:jonjonino7:20181110013155j:plain
なしくずし的に参拝しまーす( ´⊇`)
逃げられそうにないのでw
f:id:jonjonino7:20181108205130j:plain
入って直ぐ右手にある赤い鳥居の道を興味本意にすすむ。f:id:jonjonino7:20181108205345j:plain
今回、バッテリーの関係であまり細かく画像を撮れませんでした。(ToT)すみません。
f:id:jonjonino7:20181108205621j:plain
・・・・出雲一族の神社だけあって祠がそこら中にあります。
f:id:jonjonino7:20181108211114j:plain
この通路はどうも稲荷神社の物らしい。f:id:jonjonino7:20181108211206j:plain
氷川神社の稲荷神社だから氷川稲荷・・・・なんて安直なネーミングだろうと思ったけど調べてみたらまずスサノオとカムオオイチ姫(大山祇神の娘)の間に出来た子がウカノミタマの神でお稲荷さんだし、スサノオの義理の孫に確かヒカワ姫って居たよな・・・・。( -_・)?

f:id:jonjonino7:20181108211313j:plain
稲荷神社の拝殿へ続く通路の横にある祠、御辞儀だけしてスルー。(スサノオの交際関係が破天荒故に腹違いが多すぎて、多分どれかだとは思う☆)

f:id:jonjonino7:20181108212208j:plainこちらも稲荷神社に合祀されたものでしょう。f:id:jonjonino7:20181108211555j:plain
では🦊に挨拶しに行きます❗
f:id:jonjonino7:20181108212737j:plain
f:id:jonjonino7:20181108212842j:plain2礼2拍手1礼。七五三が多いですね。稲荷神は食物の神様なので将来食いっぱぐれにならないように・・・と、言うことでしょうか?(母がクリスチャン、父が真言宗兼左翼な家庭の私には余り関係はないですw)
f:id:jonjonino7:20181108213946j:plainf:id:jonjonino7:20181108214013j:plain
横に合祀されていた「何か」

はい180度ターンすると、稲荷神社のはす向かいにf:id:jonjonino7:20181108214314j:plain 
宗像神社があります。御祭神はアマテラスとスサノオの間に産まれた三姉妹。多起理比売命、田寸津比売命、そして市寸島比売命。(* ´ ▽ ` *)・・・・すごいっすね。色々な意味で。
f:id:jonjonino7:20181108215350j:plain
f:id:jonjonino7:20181108215318j:plain
参拝します❗
f:id:jonjonino7:20181108215530j:plain

いわゆる厳島神社と同じ類いです。更に奥へ進むと色々ありますねえ(゚Д゚≡゚Д゚)゙?順番に。
f:id:jonjonino7:20181110013726j:plain

現在地はこのへん↑


f:id:jonjonino7:20181108220143j:plain

松尾神社・・・・山王さんです。古事記によれば八王子山(比叡山中)の神様。徳川家の氏神だそうです。
( ´ ▽ ` )ノはいつぎ

f:id:jonjonino7:20181108220914j:plainf:id:jonjonino7:20181108220939j:plain
夫婦木ですね。大抵根っこに道祖神が置いてあります。イザナギ神とイザナミ神。
f:id:jonjonino7:20181108222226j:plainf:id:jonjonino7:20181108222303j:plain
神楽殿・・・・神様に音楽や踊り等を奉納するステージ❗元は引きこもりのアマテラスを外の世界に引っ張り出す為に皆でワイワイガヤガヤ楽しそうにやったのがルーツ。


f:id:jonjonino7:20181110014021j:plain現在地は・・・・・この辺かな?f:id:jonjonino7:20181109111117j:plain
あれ?外に出ちゃった!Σ( ̄□ ̄;)

f:id:jonjonino7:20181109111156j:plain
駐車場は沢山あります。

f:id:jonjonino7:20181109111309j:plain

偶然御祭りの日に当たったようです🎵(* ´ ▽ ` *)
f:id:jonjonino7:20181110004502j:plainf:id:jonjonino7:20181110005208j:plain
長い長い参道です。どうやら、こちら側が正面の入り口のようですね。(大宮駅側は裏口)
f:id:jonjonino7:20181110005520j:plainf:id:jonjonino7:20181110005617j:plainはい、改めてお辞儀をして参拝しまーす。ヾ(≧∀≦*)ノ〃
f:id:jonjonino7:20181110005815j:plain
はい、また御神輿にごたいめーん!
じゃ、次いきましょ🎵(屋台で買ったデカイ唐揚げ頬張りながら)
f:id:jonjonino7:20181110010138j:plain
いや~やっぱりお祭りは楽しいねえ😅

・・・さっさと帰らないとwww
[f:id:jonjonino7:20181110010313j:plain
社務所の前に何かある。
f:id:jonjonino7:20181110010537j:plain

伝説の戦艦武蔵の艦上にこちらの氷川神社が勧譲されていたようです❗以上。f:id:jonjonino7:20181110014615j:plain

再び広場に戻ってきました❗次はこちら・・・・大国主命と一緒に冒険した少彦名命。
f:id:jonjonino7:20181110011459j:plain
蛾の皮を纏って現れた、稲穂に乗るほど小さな神で穀物に関係があり、医療を司る。
f:id:jonjonino7:20181110012053j:plain
スクナビコナは、親であるカムムスビの指の間からこぼれ落ちてしまう程の大きさだったことから一説には一寸法師のモデルとみられているそうです。
日本に伝わる説話には他にも「かぐや姫」や「瓜子姫」など、“小さき者”の物語がそれなりに存在します。古代において信仰の対象や英雄の誕生譚だったのです‼️ 


・・・・大変恐縮ですが、ここで原因不明のトラブルが起きまして画像もろとも記事が消滅してしまい、
ここまでで話はお終いです。この先は須佐之男、稲田姫、大己貴、稲田姫のご両親が祭られている宮殿や神社がありますが、未だ当ブログは許しが得られなかったのでしょうか( -_・)? 神社がすいてる時に改めて交渉してきます。

∽ ∽ ∽ ∽ この先聖域 ∽ ∽ ∽ ∽

∽ ∽ ∇∽◎∽∇ ∽ ∇∽◎∽∇ ∽ ∽

※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。

f:id:jonjonino7:20181111032357j:plain

埼玉県朝霞市 子之神氷川神社(骨格状態)

SPEC・・・・<名前>ネノカミ・ヒカワ神社 
Ψ祭神 素戔嗚尊(すさのおのみこと) 愛宕、稲荷、金比羅、田野内、水神? ∞災難除け、家内安全、安産   ≪発掘地域≫〒351-0014 埼玉県朝霞市膝折町2丁目20−44・・・・・・膝折町。
「風土記稿」によれば、小栗小次郎助重が賊に追われて馬で当地まで逃れて来たところ鬼鹿毛というその馬が膝を折って死んだことに由来する。また昔高麗の城の落人五人が原野であった当地を開墾したという。一方「埼玉県地名誌」では「鳥取県三朝町の中津地方で二月初午(はつうま)をスネオリといって、この日は山の神の木数え日で山に入れば脛を折る」との伝説に基づき、地名の由来を推測している。
 当地は既に室町期から宿駅として栄え、『廻国雑記』を著した聖護院道興は文明18年に膝折の里に入り、ここで休憩した際に、この地に市が立てられて商人が集まっていたと記している。武蔵野台地の水の乏しい中、ここは低地にあり水に恵まれたことが、早くから宿場を形成する要因となったものであろう。
当社は、この膝折の里の南方の「子の神」と呼ばれる山上に鎮まる。創建についての伝承は語られていないが、古くから山の神として祀られていた子の神が坐す山上に中世、一の宮として名高い氷川神社が村の鎮守として勧請されたことが推測される。
別当は真言宗持明院で、当社の北方800メートルほどの所(膝折一丁目・塩野製作所の辺り)がその跡地で、明治8年に廃寺となった。

<その他>
 明細帳によると、明治43年に字宿の愛宕社、字ノ原の稲荷、字下ノ原の無格社3社を村社である当社に合祀した。



f:id:jonjonino7:20181107153555j:plain

今日は「鎮守の森 清掃プロジェクト」という企画の清掃ボランティアに参加するべく幸御霊(さきみたま)の国は朝霞市の氷川神社に来ています❗f:id:jonjonino7:20181107153959j:plainではいきなりですが、清掃します❗今回はあくまで清掃が目的ですし先輩の指導の下、集団行動になるため・・・・内容がざっくりしている事をお許しください。f:id:jonjonino7:20181107154450j:plain入り口左手にある石碑
f:id:jonjonino7:20181107154614j:plainf:id:jonjonino7:20181107164213j:plain
七五三の為か参拝に来る方がかなり多いです。

いや都会だからかな?😅
f:id:jonjonino7:20181107215050j:plain
御神木ですね。何か書いてあるけど読めない・・・・・画像だけ残しておきますね。f:id:jonjonino7:20181107215243j:plain色々意味深な事が彫ってあります。f:id:jonjonino7:20181107215342j:plain
樹齢は・・・・まあ、その辺の林に生えてる杉とさほど変わらないように見えます!
f:id:jonjonino7:20181107215639j:plain
無人の割に境内がかなり広いですw
因みに社名についている「子の神」はオオアナムヂのことらしいです。スサノオの義理の息子さんで、スサノオの元で修行して後に大国主命となり冒険しながら相棒のスクナビコナと共に国造りを行います。f:id:jonjonino7:20181107221535j:plain
因みに、埼玉県秩父市・・・当神社から見て西の山中には「子の神の滝」という子の神砂岩の露出した場所があり、海底の古生物の化石が沢山出てくるそうです❗古代文明の痕跡や化石・・・・ゾイディストとしては燃える展開ですね。ヾ( ゚∀゚)ノ
f:id:jonjonino7:20181107222525j:plain
ルーツがガンジス川の金比羅権現さん。上の原地区に祀られて信仰されていましたが、行政区画整理の為にこちらにお引っ越しになりました。
f:id:jonjonino7:20181107224827j:plain
なんの神様なのかはわかりません。心の中で挨拶だけしていきます。専門家の方いわく、参拝者向けでない神様には、余り近づかないほうが良いそうです。そこに祀られている理由が定かではないから。f:id:jonjonino7:20181107225453j:plain
ただこの方には挨拶して行くしかない。大山祇神。恐らく植民地であった常陸の国出身者の中には彼ら天狗の血を引いている者もいるだろう事が予測されるから。
f:id:jonjonino7:20181107225900j:plainあ、因みにこの阿夫利神社っていうのは、三嶋神族(大山祇神達)が静岡県伊豆の国市に上陸するより以前に国造りをしていたであろう西日本にあります。f:id:jonjonino7:20181107230309j:plain
これと同じ。山の神様。
f:id:jonjonino7:20181107230609j:plain
京都の愛宕山の山頂にあるイザナミ神が主神の神社で、こちらは明治43年に字宿からこちらに合祀されたもの。f:id:jonjonino7:20181107232926j:plain
ご挨拶して行きます。f:id:jonjonino7:20181107233126j:plain
こちらは同じく明治24年にこちらに連れてこられた子達です。f:id:jonjonino7:20181107233439j:plain
因みに大抵の場合、キツネは稲荷神の使いであって主神ではありません。但し例外もあるそうです🎵
f:id:jonjonino7:20181107234829j:plain
こちらに限らず埼玉県は湧水が多いらしいです。
f:id:jonjonino7:20181108000123j:plain
f:id:jonjonino7:20181108000214j:plain石神にf:id:jonjonino7:20181108000247j:plain
滝不動。

お清めが済んだら上に。
f:id:jonjonino7:20181108000422j:plain
f:id:jonjonino7:20181108000520j:plain
スサノオに仕えにまいりました。静岡から。
f:id:jonjonino7:20181108000820j:plain

2礼2拍手1礼f:id:jonjonino7:20181108000955j:plain
さあ、掃除も終わりスサノオにも挨拶が済んだところで帰りましょう❗
f:id:jonjonino7:20181108001344j:plain

実は前日の晩寝ていなかったので非常に眠いのと、現在手持ちが一万円しかなくこれで生活するしかないため。f:id:jonjonino7:20181108001537j:plain

大宮にある有名な出雲族の痕跡である・・・・・f:id:jonjonino7:20181108001703j:plain

「一宮氷川神社」 本日の仲間達からしきりに勧められたのだが・・・・私自身ついでに行ける距離にあるなら、金銭的にゆるされるなら行きたかった事は間違いないのだが・・・・。f:id:jonjonino7:20181108002134j:plain
仲間達よごめん、私は今回最短距離かつ最速で静岡に帰らせていただきます✨😌✨
さらば、クレヨンしんちゃんの世界❗
ただいま、ちびまる子ちゃんの世界🎵


※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181111034202j:plain

∈ 裏stage ∋ 浅間大社→山宮へ❗(山宮浅間神社☆前編)

f:id:jonjonino7:20181103012650p:plain

静岡県富士宮市は浅間大社の更に富士山を登った所にある元宮 山宮浅間神社に行ってみたいと思います。山宮浅間神社は富士山本宮浅間大社の元になった神社です。( ´ ▽ ` )ノf:id:jonjonino7:20181103013135j:plain
本当は一本でやろうかと思ったのですが、わりと重要度の高い資料が多かった為、前半戦と後半戦に分けることにしました。本宮浅間大社にご挨拶してからスタート❗f:id:jonjonino7:20181103013521j:plain
浅間大社横の県道<76>→<180>をひたすら道なりに富士山を登って行きます❗ちなみに春と秋、大きな矛を持って移動する祭りの進行ルートになってますね。f:id:jonjonino7:20181103014544j:plain
・・・・現在お昼過ぎなんですが・・・・・・やってなさげ( >Д<;)
朝から何も食ってないだよwf:id:jonjonino7:20181103014836j:plain
おー工事やってますねえ。f:id:jonjonino7:20181103014955j:plain
怪しいお店発見❗多分富士山で採取したクリスタルとかを売ってる店でしょうね。中身水晶びっしりの岩の塊が1000万円位の。
f:id:jonjonino7:20181103015232j:plain
とりあえず山登りしてます。キチンと舗装整備されてるからそれっぽく見えないだけで、既に汗だく☀️😵💦
f:id:jonjonino7:20181103015439j:plain
もうかれこれ3時間近く歩いてますねえ。いやあ、こんなにキチンと舗装されてると解ってたら最初からオートバイ使ってたのにw
道中色んな所で工事やってましたが・・・・f:id:jonjonino7:20181103015740j:plain

ようやく到着❗こちらが山宮浅間神社になります❗因みに車道をこのまま上にあがって行くと・・・。
f:id:jonjonino7:20181103020204j:plain
御覧の通り、左手にそこそこ広い専用駐車場が見えて参ります❗今回は車目線の為、二の鳥居の此方の駐車場までご紹介します。
f:id:jonjonino7:20181103020616j:plain
綺麗な洋式トイレもこちらに御座いますので御安心を❗
で、こちらがどうしてこんなに大きな駐車場を有しているのかと言うと・・・・。
f:id:jonjonino7:20181103020934j:plain実はf:id:jonjonino7:20181103021015j:plain
こちらにクルマを停めて、富士信仰の関連史跡を徒歩で回れるように、f:id:jonjonino7:20181103021219j:plain
拠点として設けられてるんですねえ・・・あーーつまり、(; ̄ー ̄A
くたびれ儲けだったなあ・・・・3時間あれば神社3つは行けたよなwwwf:id:jonjonino7:20181103021627j:plain

・・・・という訳で❗次回はいよいよ
本宮浅間大社の前身、元宮・山宮浅間神社の本編行ってみたいと思いまーす( ´ ▽ ` )ノではまた。

富士山元宮 山宮浅間神社

🎼ヤマトタケルが連れてきた野生体。f:id:jonjonino7:20181103162315j:plain
SPEC・・・・<名前>ヤマミヤ・センゲン神社 Ψ祭神 浅間大神 ∞最古の富士信仰
≪発掘地域≫〒418-0111 静岡県富士宮市山宮740・・・・・・山宮浅間神社は富士山そのものを御神体としており、現在の富士山本宮浅間大社に遷(うつ)されることで区別の為に「山宮」と言われるようになりました。富士山信仰の中で最も古い神社と考えられています。特筆すべきは境内に本殿が存在せず、代わりに富士山を直接「遥拝(ようはい)」する為の遥拝所があり、古代からの富士山祭祀の形が今も息づいています。
 こちらの創建年代は不詳ですが社伝(むかしばなし)によれば、こちら山宮に遷される以前、第7代 孝霊天皇の時代(※2代目~9代目までの天皇を欠史八代といい存在自体が疑問視されている)、富士山が噴火し国土が荒れ果てた為、第11代 垂仁天皇3年(BC27)、浅間大神を山足の地にお祀りし富士山の山霊を鎮めた。代12代 景行天皇40年(110)ヤマトタケルによって現在の社地に遷され現代に至る。

 ∞ ∞ ∞ お祭り ∞ ∞ ∞

かつては富士山本宮浅間大社の春秋の大祭前日に大社の祭神が山宮を訪れる「山宮御神幸」が行われていました。この行事に使用された行路を「御神幸道」と呼び、道筋50丁(1丁=109m)の間には1丁毎に石碑が建てられ目安とされてきましたが今は4基だけが残されております。現在はかつての山宮御神幸をしのんで毎年4月に神申祭、10月に例祭が行われております。ちなみにユネスコに登録されている模様。


f:id:jonjonino7:20181103132130p:plain
 はい、おはよう御座います❗富士山元宮 山宮浅間神社の本編に入りたいと思います。
 f:id:jonjonino7:20181103132500j:plain
f:id:jonjonino7:20181103133052j:plain
 こちらは景行天皇から下された「東方12の国の荒ぶる神と従わぬ者共を平定せよ!」という過酷な任務を無事に果たしたヤマトタケルが作戦中、守護神としていた浅間大神をみんなに会わせたいと思ったのか富士の山足から、こちらの山宮に遷したのがルーツ。f:id:jonjonino7:20181103134307j:plain平安時代に入ると、ヤマトタケルと同じように東方遠征に勝利した坂上田村麻呂によって、更に人里に降りた所に遷されたのが現在の富士山本宮浅間大社。
f:id:jonjonino7:20181103134530j:plain 
入り口にある道祖神に挨拶❗
 富士山は巨大で何処からでも見えるという点では古代から月や太陽等の天体と同様、守護神にピッタリだったのでしょう。( ´ ▽ ` )ノf:id:jonjonino7:20181103140035j:plain

全体図はこんな感じ。てっぺんにあるのが遥拝所(ようはいじょ)という施設で大昔浅間大社の神官や僧侶(※昔は神社とお寺の区別がなかった)が参列して富士山を直接祀っていた場所。今でも特別な祭りの日はやってるらしい。f:id:jonjonino7:20181103141102j:plain
では、参拝してみましょう( ´ ▽ ` )ノ
f:id:jonjonino7:20181103141229j:plain
大きな杉が並んでます。f:id:jonjonino7:20181103141350j:plainf:id:jonjonino7:20181103141830j:plainf:id:jonjonino7:20181103141918j:plain
途中に道祖神?のような方がいらっしゃり錆びた硬貨の山。こういう回収するシステムが無い場所にコインを置くのはどうかと思いながらも1円玉を置いて労ってしまう。!Σ( ̄□ ̄;)・・・ほんとはよくないんだよ?f:id:jonjonino7:20181103141753j:plainこんな感じで。
前方に目を向けると2番目の鳥居出現。手前でお辞儀をして進みます。f:id:jonjonino7:20181103142117j:plain
因みにこちを右に行けばトイレと駐車場があり、左に降りれば公園と稲荷神社の境内があります。f:id:jonjonino7:20181103142336j:plainおっと忘れずにご挨拶(^_^;)
f:id:jonjonino7:20181103142651j:plain
長い石灯籠を抜けると見えて来るのが籠屋(こもりや)という建物。
f:id:jonjonino7:20181103144033j:plain
こちらは、昔々まだ道路とか無かった険しい山だった時代に祭りの際、関係者が寝泊まりした宿舎。最後に建て替えられたのが昭和8年・・・殆ど大正時代です(*´・ω・`)b
f:id:jonjonino7:20181103144656j:plain
はい、ここから聖域に入りますので左手洗って右手洗って口をすすいでいざ。f:id:jonjonino7:20181103144848j:plainf:id:jonjonino7:20181103144938j:plain
 ここで2礼2拍手1礼。通常の願掛けが目的でしたらここまでで旅はおしまいです。(^_^)
f:id:jonjonino7:20181103145142j:plain
「鉾立石」・・・山宮御神幸の際、浅間大神は鉾に宿り浅間大社からこちらの山宮にお戻りになったとされ、途中の休憩所には鉾を置く為の「鉾立石」が設置されました。(何せ距離が長いのと鉾が重いのとw)f:id:jonjonino7:20181103145851j:plain鉾立石はかつては道筋に幾つかあったと言われていますが現存しているのは本宮浅間大社「桜門」前に1つと、こちら山宮浅間神社に2つだけ。f:id:jonjonino7:20181103150131j:plainちょっと湿っぽいですね。(^_^;)
この石段を登るといよいよ遥拝所。この神社の要です。f:id:jonjonino7:20181103151818j:plain
到着❗こちらが遥拝所です。進入禁止なのでここから。f:id:jonjonino7:20181103151953j:plain今は曇ってて見えませんがこのアングルから御神体である富士山を拝むそうです。f:id:jonjonino7:20181103152318j:plainこの石列を囲む玉垣は昭和5年(1930)に建設されたものですが、平成25年(2013)に実施された発掘調査では玉垣の正面の下の方に、更に石列が2ヶ所確認されています。この石列は玉垣内の石列と同質の溶岩を使用しており同時期に配置されたものとみられてます。
f:id:jonjonino7:20181103153134j:plain
この石列については江戸時代に書かれた「駿河記」や「駿河志料」に「(山宮浅間神社は)今は荒れ果て社殿は無いが石垣や鳥居等はある。神の鎮座する所の中心には、榊を置いて御神体の石を安置している。」とあります。f:id:jonjonino7:20181103153812j:plainf:id:jonjonino7:20181103154025j:plain
ここには山宮御神幸などの祭事に参列する本宮の大宮司以下、社人(神官)や供僧(ぐそう。僧侶。)等が着座して並ぶ配置を区画したものらしいです。

なんだか・・・お堅い記事になっちゃったな(^_^;)
f:id:jonjonino7:20181103155305j:plain
では、下にある稲荷神社に行って見ましょう✨運気回復❗
f:id:jonjonino7:20181103155447j:plain
!Σ( ̄□ ̄;)・・・・写真ではわかりませんが、鳥居の手前にまるで結界でも張るような感じでコガネグモの巨大な巣があり、まかり通る旨をことわり手を合わせたあと(一説には蜘蛛は神仏の使いらしいので一応)
僅かなスキマから通過。
f:id:jonjonino7:20181103155918j:plain
f:id:jonjonino7:20181103155949j:plain
境内に到着。
f:id:jonjonino7:20181103160059j:plain・・・まあ、初対面ですし何を祈願したら良いのか分からないので今回は挨拶だけ。
f:id:jonjonino7:20181103160329j:plain2礼2拍手1礼・・・・宇迦之御魂大神さん、チーッス・・・f:id:jonjonino7:20181103161114j:plain

・・・・じゃ、帰ろっか❗ヾ( ゚∀゚)ノ
f:id:jonjonino7:20181103161231j:plain
・・・知ってるかい?あの連山の中にアキバ山っていう秋葉原の守護神が奉られてる山と巨大な神社があるんだぜえ?👍
f:id:jonjonino7:20181103161523j:plain
以前、とある事情で中学生まで聖書を勉強した身としてはアキバとか北関東のモリヤとか、どうしてこうそれっぽい名前が多いんだろうなあとモヤモヤします。かといって、こじつけに近い安易なユダヤ同祖論とかはいらないかな。
事実は事実だけあればいい。そもそも古代中国からして古代ローマの人間やギリシャ人と交易してたり集落を形成していたとおぼしき文献や痕跡が普通にあるんだからその内の一角が日本に来ていても何ら不思議ではないし・・・東アジアに限らずそれは何処の国でも同じ。たまたま日本みたいな大陸の末端の島国だと保存状態の良い痕跡が残りやすいというだけの話。

f:id:jonjonino7:20181103162821j:plain

富士宮市 🔯富知神社 

🎼受け継がれて行くのは、熱血の遺伝子。
f:id:jonjonino7:20181102030922j:plain
SPEC・・・・<名前>フクチ神社 Ψ祭神 大山津見神、三峯神社(イザナギ&イザナミ神) 🔯式内社 富知神社 
≪発掘地域≫〒418-0057 静岡県富士宮市朝日町12・・・・古くは富知(ふち)と読んだようですが、不二、福地、福士、福壽とも表記された事から現代語の富士(ふじ)の事であることが解ります。富士山本宮浅間大社の第41代大宮司 富士民済が江戸時代の寛政年間(1789~1801)に記したとされる「富士本宮浅間社記」には現在、浅間大社が鎮座している大宮(富士宮市宮町)の社地は、もとは福地明神(当神社の別名)の社地だったと伝えられている。
 浅間大社が大同元年(806年、平安時代)、坂上田村麻呂により山宮より遷座されたと伝えられていることから、それ以前に鎮座されていた富知神社は当地の地主神であるとともに富士山の神であったと思われる。
 平安時代の延長5年に編纂された「延喜神明帳」には国家により認められた2861社3132座の式内社が掲載され(全部お参り出来んのかこれw)、駿河国22座のうち、富士郡には浅間神社・倭文(しでり)神社そして富知神社と掲載される。
 また「吾妻鏡」には文治2年に北条義時が、富士領上政所福地社に神田を寄進しており、富士領とあるのは当社が浅間大社の支配下にあったという事を伝えている。このことは「富士本宮浅間社記」などに富知神社が浅間大社の摂社であると記されていることからも分かる。f:id:jonjonino7:20181102024312j:plain
   
∽ ∽ ∽ ∽ 祭 儀 ∽ ∽ ∽ ∽

 浅間大社の最古の年中行事書で天正5年(1577)に記された「富士大宮御神事帳」、また慶安3年(1650)に書写された「富士本宮年中祭礼之次第」には、1月4月5月11月に祭礼を行っていた事が記されている。1月の祭礼では大宮司の参籠、4月9月11月は大祭礼、5月は流鏑馬祭に付随した祭礼を行うなど、浅間大社の祭礼とは大変密接な関係があった。
 なお「静岡県富士郡神社明細帳」には例祭が4月14日とあるが、現在は9月19日。他には5月4日の浅間大社流鏑馬祭本社巡拝がある。
f:id:jonjonino7:20181102032538j:plain



f:id:jonjonino7:20181101031720j:plain

富士山本宮浅間大社はヤマトタケルが富士山山足から浅間神を山宮に遷した後、平安時代に更に下の方へ勧譲して造ったものだと言う話だったのですが、実は浅間神社シリーズをプロデュースした坂上田村麻呂が来るより前からほぼ同じコンセプトの山神を祭った小さな神社が現在の浅間大社の位置にありました。本宮浅間大社を建てる為にこちらにお引っ越ししたらしいです。
f:id:jonjonino7:20181101032436p:plain
ややこしい話ですが、現在の本宮浅間大社や後の浅間神社シリーズに何らかの影響を与えたようです。本宮浅間大社から15分ほど歩くと直ぐ到着❗f:id:jonjonino7:20181101032642j:plain❗f:id:jonjonino7:20181101032716j:plain社務所ですね。こちらは御朱印貰えます。一応ですが祀られているのがオオヤマツミ神(サクヤ姫とイワナガ姫の親父)であり、彼個人は産業や航海、繁栄の神なので商売繁盛の御利益&子孫繁栄の御利益があるんじゃないでしょうか?公式見解はさておき(; ̄ー ̄Af:id:jonjonino7:20181102001103j:plain入り口横の菩薩立像、甲子像(1688造立) に挨拶してGOf:id:jonjonino7:20181102002128j:plain
f:id:jonjonino7:20181102002229j:plain
f:id:jonjonino7:20181102002710j:plain
大宮の浅間大社の場所にあった時からすでに地主神、鎮守の神として信仰されていたそうです。元は孝霊天皇の時代に創建され延喜式神明帳にも記載された富士地区3社の1つ・・・・つまりなんだっけレアカード?
f:id:jonjonino7:20181102004120j:plain
川がありベンチもある。f:id:jonjonino7:20181102004250j:plain
更に境内には宮司さんが造った綺麗な公園と駐車場があり、神域というよりは憩いの場となっております。f:id:jonjonino7:20181102004540j:plain
手水舎。1礼して左手右手左手で口をすすぎ残りの水でつかごと洗う❗f:id:jonjonino7:20181102004802j:plain因みに宮司さんの計らいで、この砂利の敷いてあるところが大胆にも駐車場になってます。
f:id:jonjonino7:20181102005012j:plain
解りにくいですが表の車道から来るとここが入り口。
f:id:jonjonino7:20181102010005j:plain
狭くて非常に解りにくいですが、お酒屋さんの直ぐ手前を左折でクルマが停められます❗
f:id:jonjonino7:20181102010218j:plain
じゃ、オオヤマツミさんに挨拶します。
f:id:jonjonino7:20181102010329j:plain
f:id:jonjonino7:20181102010429j:plain
2回お辞儀をして2回拍手して空気の邪を払い、胸元で手を合わせ無の境地(初対面なので特に望みもない。)最後お辞儀して・・・中を覗く!😅f:id:jonjonino7:20181102010755j:plain

左手にf:id:jonjonino7:20181102010943j:plain
天神社かな?f:id:jonjonino7:20181102011114j:plainあらら?何かちがくない?
f:id:jonjonino7:20181102011221j:plain
三峯神社?みぶ?みしま?
f:id:jonjonino7:20181102011734j:plainイザナキとイザナミ?・・・・じゃあ、祭神オオヤマツミのパパとママ、つまりサクヤ姫のお爺ちゃんとお婆ちゃんですね。f:id:jonjonino7:20181102012127j:plain
入り口に書いてありました(; ̄ー ̄A
f:id:jonjonino7:20181102012307j:plain
本殿は流れ造りですね。入り口は平いり、屋根は切妻造り・・・もっともスタンダードな神社の構造らしいです。
f:id:jonjonino7:20181102012448j:plain反対側から

 f:id:jonjonino7:20181102012728j:plain拝殿は入母屋造り。

f:id:jonjonino7:20181102013536j:plain公園を撮りたい所ですがファミリーが遊んでるのでここまで。

以上。富士山の火口にある「浅間大社奥宮」の遺伝子を継ぐ式内社にして後の浅間シリーズの原型となったとおぼしき富知神社でした!

f:id:jonjonino7:20181102032012j:plain

🎃ハロウィン

 ハロウィンは日本で言うところの御盆と仏滅と秋祭りと大晦日がまとめて来たかのようなヨーロッパ、特にケルト文化圏(※ガリアとも言う)である北欧のチャンポン御祭りである。f:id:jonjonino7:20181101005142j:plain
 
 農耕のケルト民族にとって10月31日は収穫の時期にして冬への入り口であり、1年の終わりの特別な日。収穫祭であると同時に黄泉国の門が開いて現世と繋がり御先祖様や故人の霊が帰ってくる日。で、あるとともに日没後は黄泉比良坂から黄泉醜女(魔女)やら禍ッ神(バンシーを筆頭に邪悪な精)の類いがゾロゾロ現世に渡って来てしまうので、人々は、翌11月1日の夜明けまで、それら魑魅魍魎に憑かれたり、魑魅魍魎が家の中に侵入して来ないように魔除けのジャックオランタン(人面西洋カブ)を置いたり、日本で言う所の密教徒や山伏にあたる「ドルイド」という神職が配る魔除けの篝火を一晩中灯しておかなければならない。f:id:jonjonino7:20181101013255p:plain
 そうやって黄泉の国との連絡が途絶えるまでサバイバルするというトンデモ祭りなのである!
                Σ( ̄□ ̄;)マテ
 ハロウィンが仮装パーティーとしてメジャーなイベントになり始めたのは1950年代のアメリカがお初。業界が「お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ」というキャッチフレーズを広めた結果、明るい仮装祭りとして大流行した。ちなみにジャックがカブからカボチャになったのはその辺りから🎃・・・・勿論そこはキリスト教圏。最初の内は大人達から「サタン崇拝や邪悪なみ使いに子供達が誘惑される最低のイベント❗」として眉をひそめられていたが、時代の推移と共に諦めたらしい。(因みにクリスチャンやらされてた時はハロウィンについてボロクソ言ってる大人が居ましたね普通に。「トリックオアトリート」の歴史は思いの外浅い。)

 ・・・・後なんだ、この「ドルイド」ってのは、実はケルト民族における呪術師の職階の最高位のことで上から順番に ドルイド(天狗様クラス)>バード(RPGの風刺詩人がそれ) > ウァテス(予言者、占い師、巫女さん) > フィリ(地域のお坊さん神主さんの類い) となっている。

🌳「ドル」は樫(かし)、「イド」は知識を意味する。
ケルト人は樫の木を御神木として崇拝しており、ドルイドたちの儀式もまた樫の木の生えた森の中で行われた。更に樫で造られた杖を用いて魔術を行ったり(←ハリー・ポッターの元ネタ)、八百万の精霊や妖精を操ったりしたらしい。
また、イギリスのソールズベリー平原に残るストーン・ヘンジにはドルイドが巨石を運んで来て建設したという言い伝えが残っていたり、ドルイド達が建築した遺跡には高度な天文学の技術が応用されていたり・・・・とても凄いですね。因みに祭司の他に政(まつりごと)にも口を出しており、アーサー王物語に出てくる魔法使いマーリンの職業がドルイドと言われています。

 つまり日本人で言えば弘法大師の 空海 や陰陽師の安倍晴明がケルト人的にドルイドですb
 まあノルウェー人とかブリテン人から「弘法大師って何ですか?」って聞かれるような類いまれなる経験をしたら、このゾイドユグドラシルの記事を思い出し「ドルイドです。」と答えてやりましょう✨
すんなり概念が伝わる筈です。


 

・・・・・付け焼き刃の知識的にはこんなもんでよござんすかね?(; ̄ー ̄A



 ふっ・・・どうやら今年もハロぼっちらしい。

経団連のちょっぴり酷すぎる内情について。

 この神殿に政治的な話題を持ち込むつもりは毛頭ございませんが例えば次のような思考実験をしてみる。

  例えば現在、内閣総理大臣の決定に多大な影響力をもってる経団連※のおじいさん達を一度全員クビにする。
  その後、その辺の女子中学生と男子小学生を何人か彼らのデスクに連れてきて

 「・・・責任は我々大人がとるから、ここで君たちの思うがままにやってみなさい。答えはありません。強いて言うなら皆を幸せにしたい気持ち、それから流されない勇気が正解です。たのみましたよ?」

ってやった方が上手く行くんじゃなかろうか?


※一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)は、日本の東証第一部上場企業を中心に構成される団体。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つである。以前は経済産業省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い内閣府所管の一般社団法人へ移行した。 ウィキペディア