🎼神々の宿る世界樹 ~Zoidsユグドラシル~Ψ

神仏を敬いゾイドを祀るゾイド教団の地下迷宮です。尚、オフィシャルサイトでは御座いませんので神社仏閣の擬Zi化につきましてはタカラトミー様ならびに神社仏閣関係者様からの苦情がありしだい画像を消去いたします。

御殿場市 新橋浅間神社

🎼木の花名水。
f:id:jonjonino7:20181008190351j:plain

SPEC・・・・<名前>ニイハシ・センゲン神社  Ψ祭神 (主)木之花咲耶毘売命、(合祀)愛鷹大明神、皇太神宮、八幡宮、天神社、(末)子安神社
≪発掘地≫ 〒412-0043 静岡県御殿場市新橋2081−2・・・・古くは応保元年に熊野衆徒の鈴木氏によって造営されたとする他、源頼朝が富士の鷹狩りをした時に記念に創建されたとも言われる。富士山開山時は御殿場口の起点として開山式、大わらじを担いで練り歩く「わらじ祭り」が健脚と良縁を祈願し行われている。


f:id:jonjonino7:20181008141309p:plain 
三連休❗どこ行っても混んでる❗
そんな時こそマイナー神社にお参りしましょう🎵f:id:jonjonino7:20181008141449j:plain今回も御殿場市。若宮という場所にある浅間神社です。いわゆるコノハナサクヤ姫のいるとこ。f:id:jonjonino7:20181008141724j:plainf:id:jonjonino7:20181008144534j:plain
はい参拝します。こちらは境内が広い公園になっています。そしておそらく御殿場市で唯一社務所に人がいて御朱印が貰えます(*^^*)f:id:jonjonino7:20181122213911j:plainf:id:jonjonino7:20181008162217j:plain
鳥居を潜ってすぐ左。無病息災❗かな?f:id:jonjonino7:20181008162337j:plain住宅地に埋もれているにしては気合いの入った感じです。(*^^*)f:id:jonjonino7:20181008162719j:plainこういう古代信仰と色々な宗教がごちゃ混ぜになった感じの石仏群って個人的に大好きです。f:id:jonjonino7:20181008163047j:plain
中々ロマンチック。f:id:jonjonino7:20181008163230j:plain
池の向こうに御神輿小屋f:id:jonjonino7:20181008163653j:plain
第二の鳥居で一礼し右手側の手水舎で一礼してお清め。因みにこちらの浅間神社は富士の湧水で有名で、・・・飲むと美味しいです❗f:id:jonjonino7:20181008164108j:plainf:id:jonjonino7:20181008164218j:plainではコインを投入して主祭神にご挨拶(^.^)f:id:jonjonino7:20181008164359j:plainf:id:jonjonino7:20181008164751j:plain社殿は権現造り?f:id:jonjonino7:20181008164917j:plain此花さくや姫が祀られていますから、当然屋根の「V」は女神を表す女千木。f:id:jonjonino7:20181008165705j:plain
“平和への道標”「この忠霊碑に祀られている方々は、皆さんの美しい故郷の山や河を護り、日本の平和と豊かな暮らしを願いながら長い戦争の中で亡くなられました。今日の平和を思うとき私達はここに眠る方々を決して忘れません。この尊い心を受け継ぎ感謝の心を持って一日一日を大切にしましょう。
※右側の碑に日清、日露戦争の中で亡くなられた御殿場市、小山町出身の方々が祀られています。左側の碑に日清戦争~太平洋戦争までの戦争の中で亡くなられた新橋区出身の方々が祀られています。」

・・・・・ここは仏式で。f:id:jonjonino7:20181008173501j:plain
その隣には不思議な石が。なになに
「靴掛石」?源頼朝が建久4年(1193)富士の鷹狩りに訪れた折足を掛けたのでついたと伝えられるって、そんなもん何でありがたがっとんねんw宗教か?
f:id:jonjonino7:20181008175602j:plain正面から右奥の方に歩いて行くと・・・f:id:jonjonino7:20181008181526j:plain子安・・・神社ですかね?まあまあまあ、ご挨拶だけ。( ;∀;)神官ですからね。ゾイド教の。f:id:jonjonino7:20181008181727j:plainところでここの名物ですが、こちらの富士の湧き水❗f:id:jonjonino7:20181008182101j:plain

ちな駐車場は反対側にあります。f:id:jonjonino7:20181008182256p:plainf:id:jonjonino7:20181008182321j:plain
以上、浅間神社でした。

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~
おまけ。
f:id:jonjonino7:20181008183001j:plain
SPEC・・・・<名前>ハチマン神社 
Ψ祭神 若宮様、勝又氏

f:id:jonjonino7:20181008183932p:plain
小川を挟んで同じ区画の中にある神社。駐車場は2、3台停められます。f:id:jonjonino7:20181008184304j:plainf:id:jonjonino7:20181008184339j:plain
参拝します‼️f:id:jonjonino7:20181008184426j:plain水が出ません‼️!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
f:id:jonjonino7:20181008184542j:plain手を洗った事にしてご挨拶。f:id:jonjonino7:20181008184656j:plainf:id:jonjonino7:20181008184711j:plain本殿と拝殿の区別の無い、御堂形式です。(*^^*)f:id:jonjonino7:20181009153734j:plain男神を表す男千木。f:id:jonjonino7:20181008184845j:plain
・・・こちらはその昔、重い年貢に苦しむ庶民の為に小田原藩に直談判に行き、結果的に危険分子として逮捕され獄中死してしまった男が祀られています。黙祷。

以上!浅間神社でした。今日もお疲れ様でした。

※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181008202615j:plain

御殿場市 棠陽神社

🎼nice smell. 
f:id:jonjonino7:20181008025836j:plainSPEC・・・・・<名前>トウヨウ神社 Ψ祭神 日本武尊、菅原道真公、木花開那姫命 <社紋> 和州山桜紋 例祭10月15日
《発掘地》〒412-0041 静岡県御殿場市茱萸沢964
・・・・明治4年8月17日。村社造営を目的に村内各所に祀られていた蔵王権現社、浅間神社、金山神社、山之神社を「菅原神社」境内に合祀して新社殿を造営。「山桜神社」と奏唱した。この時に村社の申請はしなかった。
 明治7年村社の申請をする。明治8年2月15日、社名は「山桜神社、菅原神社、浅間神社」の旧社名のまま認可された。
 大正6年8月25日、氏子と村長が社名について大協議した結果、「棠陽神社」と改称された。
 「棠」の字は、棠奘沢が棠沢郷と呼ばれた事による。
 「陽」の字は、朱子学の「陽気発処金石赤秀=物事が活発に動く時には良いことが沢山あるものだ。」を参考にして、村民一同の向上活躍を祈念して用いた。
 明治4年当神社の創建当時は81戸の少数崇敬者であったが、以降神官と氏子総代各位が神社信仰護持
に励め、この地域はめざましい繁栄と発展を成し遂げた。現在氏子の数は近隣崇敬者も含めて600戸を越している。


f:id:jonjonino7:20181007215901p:plain
 最近なんだか、根本的に信仰心が無くなって来ているような気がしないでもありません。宗教という存在が胡散臭くてしゃーないw
 もうゾイド教の神官辞めようかな・・・。神様をゾイドに当て嵌めるとか寧ろバチ当たりだし(どーせ信者も聖職者も俺しか居ないしw)f:id:jonjonino7:20181007220125j:plain
あ・・・・やっぱ辞めないっ!f:id:jonjonino7:20181007220517j:plainという訳で御殿場市の當陽神社にやって詣りました❗\(^^)/どんな神社なのか皆目検討もつきません。f:id:jonjonino7:20181007220646j:plain
参拝しまーす🎵( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
f:id:jonjonino7:20181007220810j:plainf:id:jonjonino7:20181007225722j:plain・・・新築。そう言えば以前ここに来た時はもう少し手前に汚い神社があったような・・・?f:id:jonjonino7:20181007225928j:plainf:id:jonjonino7:20181007230010j:plain手水舎・・・ですが水が無いので清めたフリだけ。f:id:jonjonino7:20181007230130j:plainではご挨拶しましょう❗\(^^)/f:id:jonjonino7:20181007230233j:plain狛犬子連れf:id:jonjonino7:20181007230259j:plain狛犬玉
f:id:jonjonino7:20181007230413j:plain
f:id:jonjonino7:20181007230507j:plain
ご挨拶が終わりましたのでインタビューf:id:jonjonino7:20181007230842j:plain拝殿内。なんだか凄くいい匂いがします。ここから離れたく無いぐらい。

べつなアングルf:id:jonjonino7:20181007232722j:plainf:id:jonjonino7:20181007232747j:plain
石の間で繋がった権現造り・・・で、あってますかね。(^_^;)
最近、この手の神社が多すぎて自信がない。f:id:jonjonino7:20181007233356j:plain
反対側から。f:id:jonjonino7:20181007233432j:plainf:id:jonjonino7:20181007233619j:plain本殿の屋根についている「V」は外削ぎの男千木。祀られているのは男神でしょうか。f:id:jonjonino7:20181007233931j:plain凄く綺麗です(^_^;)・・・新築ですね。檜の凄く良い香りがして・・・ここに住みたい引っ越したい❗(  ̄▽ ̄)f:id:jonjonino7:20181007234058j:plain
カッコいいのでアングルを変えてf:id:jonjonino7:20181007234440j:plainf:id:jonjonino7:20181007234502j:plain

因みに・・・f:id:jonjonino7:20181007234717j:plain多分、御朱印もらえま・・・せんかね?😅f:id:jonjonino7:20181007234826j:plain謎のバリケード。f:id:jonjonino7:20181007234910j:plainどう見ても人が住んでるとしか思えない社務所w

こちらの神社にはもうひとつ拝殿がありまして・・・。f:id:jonjonino7:20181007235101j:plain
それがこちら(  ̄▽ ̄)f:id:jonjonino7:20181007235205j:plain折角ですのでご挨拶して帰りましょう‼️ 祀られてる面子から考えていわゆる「お稲荷さん」ですね。f:id:jonjonino7:20181007235407j:plain

以上。棠陽神社でした!心なし温かい感じの神社ですね。

※<当神社合祀以前の創立創建一覧>
・蔵王権現社(山桜神社)・・・正平13年(1358)創建。
・天神社(菅原神社)・・・享保19年(1734)再建。
・浅間神社・・・元禄16年(1703)再建。
・白川神社(疫神宮)・・・文化15年(1818)創建。
・山之神社(山神社)・・・天明8年(1788)創建。
・金山神社・・・安永元年(1772)創建。


今日もお疲れ様です。

※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181008032815j:plain

静岡市 静岡県護国神社 ⛩️

🎼夜鷹の夢。f:id:jonjonino7:20181006195225j:plain
SPEC・・・・・<名前>シズオカケン・ゴコク神社 Ψ祭神 天照大御神、七万六千余柱 ∞静岡県神社庁  《発掘地》〒420-0821 静岡県静岡市葵区柚木250−2・・・・◎由緒 明治32年11月、共祭招魂社として、静岡市北番町に創祀され明治維新以来、日清日露両戦役、満州事変、大東亜戦争と国事にたおれた静岡県出身ならびに縁故ある戦没軍人、軍属(いわゆる民間人)などの殉国の御霊を逐次合祀してある。
 昭和17年10月、県民の総意により現在地に移転、御造営がなり同月8日還座し昭和40年8月、御社殿を修築した。f:id:jonjonino7:20181010201739j:plain男千木。流れ造り。
f:id:jonjonino7:20181006200242p:plainJR東静岡駅を降りて20分弱歩くとあります。f:id:jonjonino7:20181006200545j:plain踏み切りを渡ったらすぐ!f:id:jonjonino7:20181006200650j:plain早速、参拝します❗f:id:jonjonino7:20181006200759j:plain因みに鳥居の右側に駐車場がありますが後述。f:id:jonjonino7:20181006201837j:plain
f:id:jonjonino7:20181006201931j:plain宮殿のごとき広い回廊が続きます。f:id:jonjonino7:20181006202051j:plainここで分岐。右が社務所。左が護国神社。左後方が回廊の続きf:id:jonjonino7:20181006202458j:plain左後方へ進みます❗f:id:jonjonino7:20181006202704j:plainf:id:jonjonino7:20181006203143j:plainf:id:jonjonino7:20181006203248j:plainf:id:jonjonino7:20181006203403j:plain因みにここら辺を左に入ると・・・。f:id:jonjonino7:20181006205109j:plain静岡県神社庁があります。因みに本当に事務所だけです。f:id:jonjonino7:20181006205312j:plain
f:id:jonjonino7:20181006205516j:plain元の道に戻り更に回廊を進みます。f:id:jonjonino7:20181006205642j:plainf:id:jonjonino7:20181006205759j:plain立派な木も多い。f:id:jonjonino7:20181006205924j:plainf:id:jonjonino7:20181006210025j:plain兎に角色々な所に抜け道や見所が御座いまして、是非現地にいらして下さいとしか言いようがない。f:id:jonjonino7:20181006210205j:plainf:id:jonjonino7:20181006210311j:plainf:id:jonjonino7:20181006210404j:plain謎の像
そしてf:id:jonjonino7:20181006211156j:plain更に兵士のブロンズ像f:id:jonjonino7:20181006211247j:plainf:id:jonjonino7:20181006211648j:plainサイパン島並びに近海諸島で戦死された方々の墓標です。ご挨拶して行きます。f:id:jonjonino7:20181006211845j:plain謎の偉い人の胸像f:id:jonjonino7:20181006211920j:plain謎ですwf:id:jonjonino7:20181006212028j:plainこちらにも何かあります。f:id:jonjonino7:20181006212220j:plainこちらは連戦連勝の末、散ってしまった戦士達が神様として祀られています。(^.^)f:id:jonjonino7:20181006212424j:plainこちらで清めて、ご挨拶して行きます。f:id:jonjonino7:20181006212513j:plain

しばらく道なりに行くと、反対側の入口へ出ました❗f:id:jonjonino7:20181006213105j:plainf:id:jonjonino7:20181006213150j:plain
再突入します❗f:id:jonjonino7:20181006213834j:plainf:id:jonjonino7:20181006213947j:plain回廊を右へ行くと元に戻ってしまいますので左へ進みます❗f:id:jonjonino7:20181006214339j:plainf:id:jonjonino7:20181006220804j:plain神社と言うより凄く広い庭園です。f:id:jonjonino7:20181006220933j:plainf:id:jonjonino7:20181006221252j:plainf:id:jonjonino7:20181006221354j:plainこの先開けた所に出ます。f:id:jonjonino7:20181006221728j:plainf:id:jonjonino7:20181006221809j:plain
f:id:jonjonino7:20181006222145j:plain

謎の女神像f:id:jonjonino7:20181006222245j:plainf:id:jonjonino7:20181006222337j:plainf:id:jonjonino7:20181006222500j:plainf:id:jonjonino7:20181006222528j:plain
第二次世界大戦を戦い抜いた戦士達の慰霊碑が並びます。f:id:jonjonino7:20181006222858j:plainf:id:jonjonino7:20181006222934j:plainf:id:jonjonino7:20181006223018j:plainf:id:jonjonino7:20181006223104j:plainかなり容量が重くなりそうですが申し訳ありません。( ;∀;)f:id:jonjonino7:20181006223205j:plainf:id:jonjonino7:20181006223306j:plain
手水舎。ここからようやく社殿です。(((^_^;)❗f:id:jonjonino7:20181006223445j:plainf:id:jonjonino7:20181006223556j:plainf:id:jonjonino7:20181006223646j:plain参拝します❗\(^^)/f:id:jonjonino7:20181006224005j:plainf:id:jonjonino7:20181006224055j:plainf:id:jonjonino7:20181006224145j:plainはい漸く拝殿です❗f:id:jonjonino7:20181006224631j:plainf:id:jonjonino7:20181006224709j:plainf:id:jonjonino7:20181006224804j:plain参拝のやり方がわからないので、何時もの2礼2拍手1礼。f:id:jonjonino7:20181006224929j:plainf:id:jonjonino7:20181006225205j:plain
参拝が終わり右手の階段をおりると・・・・f:id:jonjonino7:20181006225331j:plainf:id:jonjonino7:20181006225401j:plain生き残った僅かな兵士が仲間の亡骸の傍らにあった石を拾い集め、此方に埋葬しました。f:id:jonjonino7:20181006225552j:plainf:id:jonjonino7:20181006225633j:plainこの柱の数だけ戦地から持ち帰ってきた石が埋まっています。f:id:jonjonino7:20181006225804j:plainf:id:jonjonino7:20181006225951j:plain
更に右の方へ行くと社務所があり、御朱印が貰えます。f:id:jonjonino7:20181006230433j:plain所で駐車場ですが、踏み切りを渡り大きな鳥居の右側f:id:jonjonino7:20181006230601j:plainここにありまして、奥に行くと社務所に出ます‼️つまり、ここが最後の社殿への近道なんです\(^^)/
・・・・英霊に会いに行きませんか?
~∞~∞~おまけ~∞~∞~
f:id:jonjonino7:20181010202330j:plain
f:id:jonjonino7:20181010202548j:plain「鳥居について」“この鳥居は駿府城跡の元静岡歩兵第三十四連隊内に鎮座した岳南神社の鳥居です。
 数万の連隊兵士はこの神社で武運長久と連勝を祈願して出征しました。特に兵士の素朴な願いと、心のよりどころの神社でありました。昭和二十年戦いが終わり駿府城跡内も一変し、新時代の姿に衣替えをする事になり、仲町及地元世話人有志により、此の処に終戦二十周年を記念して移築されました。”f:id:jonjonino7:20181010212223j:plain
f:id:jonjonino7:20181010212336j:plain「招魂場について」“静岡県護国神社の御祭神である戦没者の御霊は、御羽車をこの招魂場に安置し、浄闇の中で招魂祭を斎行して本殿へ奉遷します。昭和十七年当神社が移転遷座してより毎年、招魂祭を斎行してきたところです。    静岡県護国神社社務所”
・・・f:id:jonjonino7:20181010220505j:plain
 成る程成る程。深い森の中心にあるこの社が静岡県護国神社の肝な訳だな(  ̄▽ ̄)
[f:id:jonjonino7:20181010220756j:plain
以上、静岡県護国神社でした。









※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181008032444j:plain

静岡市清水区 🔯草薙神社 ⚔️

🎼聖剣伝説。
f:id:jonjonino7:20181006123122j:plain
SPEC・・・・<名前>クサナギ神社 Ψ祭神 日本武尊 🔯草薙神社  ∞三種の神器 《発掘地》 
〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙349・・・・・今からおよそ1860年前、勇者ヤマトタケルは東国で反乱を起こした12の国の軍勢と荒ぶる神々を倒すべく派遣されるも、この地で相模の国の造(みやつこ)に騙され火計にかかり窮地に陥ってしまう。タケルはスサノオより譲り受けたヤマタノオロチから取り出した神剣「天叢雲剣」を目の前の燃え盛る草を薙ぐように一閃して燃える草を凪ぎ払い敵を打ち倒す・・・後に「草薙剣」に改名して奉納した伝説のある神社。他にもこの草薙の地からは様々な言い伝えや古代の武具や沢山の人骨が発掘されておりヤマトタケル伝説の説得力になっている。
・・・・まあ成敗された側の土地だけれども。


f:id:jonjonino7:20181006114941p:plain

 まずヤマトタケルの神社が静岡にあるなんてバイト帰りの電車の中で知りました。f:id:jonjonino7:20181006071656j:plain
JR草薙駅前(南)ロータリーf:id:jonjonino7:20181006071753j:plainなんだコレwf:id:jonjonino7:20181006072318j:plain15分位歩いて静岡鉄道の踏み切りを渡り草薙駅前交差点を左に曲がって県道407号線を進むと巨大な鳥居出現❗f:id:jonjonino7:20181006073406j:plainここから草薙神社の長い長い参道が始まります。f:id:jonjonino7:20181006073528j:plain久しぶりに式内社
f:id:jonjonino7:20181006073644j:plainここで一礼してスタート❗「草薙の剣」と言えば代々天皇家に伝わる三種の神器の一つ。f:id:jonjonino7:20181006073800j:plainこのようにひたすら住宅地が続きます。f:id:jonjonino7:20181006073908j:plain鳥居から10分歩いた所の公園前の標識。f:id:jonjonino7:20181006074515p:plain現在地はこの辺。ここからどんどん坂になって行きます・・・・(^o^;)地図からじゃ分かりにくいですね。f:id:jonjonino7:20181006074957j:plain20分・・・30分と歩いて行くとどんどん山っぽくなって行きf:id:jonjonino7:20181006075149j:plain若干不安になってきます。f:id:jonjonino7:20181006075306j:plainf:id:jonjonino7:20181006081620j:plain明治維新って、色々な人が戦ってたんですねえ。てか、この件に限らず近代以前は何処の宗教関係者も半分ゲリラ兵みたいなものだったんだろうな。信長が焼き討ちされた本能寺だって、実は巨大な武装要塞だったって話だし。f:id:jonjonino7:20181006081740j:plainもう一時間程歩いたでしょうか?対面二車線道路こそあるものの完全に山道。スーツと革靴で来る所じゃありませんwf:id:jonjonino7:20181006081937j:plainこうなって来ると心配なのがf:id:jonjonino7:20181006082152j:plain目的地まで後どれぐらい掛かるのか?(現在、午後2時30分ぐらい)f:id:jonjonino7:20181006082725j:plain果たして文明の光は目指す山の神社まで続いているのかどうか?、山の日没は異常に早いので切り立った崖があると大変危険⚠️f:id:jonjonino7:20181006083117j:plainf:id:jonjonino7:20181006083234j:plain山の神社だと知っていたらこんな時間じゃなくて朝イチ計画を立てて行ったのにと後悔しはじめるもあっさり到着(笑)f:id:jonjonino7:20181006083716j:plainf:id:jonjonino7:20181006083935j:plainヤマタノオロチの尾の骨から出てきた天の叢雲の剣で草を薙いだから「草薙の剣」f:id:jonjonino7:20181006084728j:plain巨大なロケット花火。f:id:jonjonino7:20181006085132j:plain
ここからあらためて参拝します。f:id:jonjonino7:20181006090224j:plainf:id:jonjonino7:20181006090252j:plainf:id:jonjonino7:20181006090323j:plainf:id:jonjonino7:20181006090354j:plain入り口にはヤマトタケル像がありますが・・・・f:id:jonjonino7:20181006090709j:plain聖剣を振りかざす凛々しい若者では無く、チョビヒゲのおっさん。f:id:jonjonino7:20181006091729j:plainf:id:jonjonino7:20181006091803j:plain右手に何かある・・・f:id:jonjonino7:20181006091846j:plainf:id:jonjonino7:20181006091910j:plain石碑ですね。f:id:jonjonino7:20181006092310j:plain井戸ですかね?f:id:jonjonino7:20181006092428j:plain更に上に[:f:id:jonjonino7:20181006092658j:plain境内f:id:jonjonino7:20181006093602j:plain祠つき御神木f:id:jonjonino7:20181006094232j:plainf:id:jonjonino7:20181006094355j:plainf:id:jonjonino7:20181006094433j:plain手水舎。お清め・・・しようと思ったけど色んな虫が浮いてるwヾ(゚д゚)ノf:id:jonjonino7:20181006094624j:plainf:id:jonjonino7:20181006094902j:plainf:id:jonjonino7:20181006094933j:plain山門風の何かf:id:jonjonino7:20181006095031j:plain行きます❗f:id:jonjonino7:20181006095108j:plainf:id:jonjonino7:20181006095212j:plain

振り返って門の裏側f:id:jonjonino7:20181006095300j:plain花火的な筒があります。f:id:jonjonino7:20181006095415j:plain元々は戦争用なんですね。f:id:jonjonino7:20181006095720j:plainf:id:jonjonino7:20181006100719j:plain拝殿です。f:id:jonjonino7:20181006100802j:plainご挨拶します。f:id:jonjonino7:20181006100831j:plain拝殿内部。f:id:jonjonino7:20181006100937j:plainf:id:jonjonino7:20181006100955j:plainf:id:jonjonino7:20181006101015j:plainf:id:jonjonino7:20181006101043j:plain燈籠。f:id:jonjonino7:20181006101129j:plain社殿を横から。f:id:jonjonino7:20181006101243j:plainf:id:jonjonino7:20181006101316j:plain合祀された神棚f:id:jonjonino7:20181006102127j:plain一番右の菅原道真さんからご挨拶。f:id:jonjonino7:20181006102231j:plain左から住吉社、春日、愛宕、白髭、厳島、稲荷・・・f:id:jonjonino7:20181006102303j:plainf:id:jonjonino7:20181006102335j:plain神様のアパート。右側2つが引っ越ししたのが空室にf:id:jonjonino7:20181006102449j:plainf:id:jonjonino7:20181006102515j:plain挨拶終了❗あらためて社殿の造りをf:id:jonjonino7:20181006102655j:plainf:id:jonjonino7:20181006102750j:plainf:id:jonjonino7:20181006102817j:plainf:id:jonjonino7:20181006102837j:plain本殿は神明造り➕権現造り。千木は何故か女神を表す内削ぎ。f:id:jonjonino7:20181006103429j:plainf:id:jonjonino7:20181009001621j:plainf:id:jonjonino7:20181006103701j:plain「ちびまる子ちゃん」と「次郎長」だけじゃなくて、ヤマトタケルの伝説もあったのか清水はwf:id:jonjonino7:20181006103855j:plain流星ってでかいなwf:id:jonjonino7:20181006103922j:plain神楽殿の裏にも沢山合祀されています。f:id:jonjonino7:20181006104101j:plain子安社、八坂、加茂、内宮とかですね。f:id:jonjonino7:20181006105220j:plainではご挨拶して次へf:id:jonjonino7:20181006105325j:plain神楽殿うしろから。f:id:jonjonino7:20181006105405j:plainf:id:jonjonino7:20181006105437j:plainまだまだ上に続きます。以外と広い。f:id:jonjonino7:20181006105910j:plainf:id:jonjonino7:20181006105940j:plainこちらの宝物殿の裏には弓道場があります。f:id:jonjonino7:20181006110334j:plainf:id:jonjonino7:20181006110400j:plainf:id:jonjonino7:20181006110429j:plain本当に山登りって感じがします。f:id:jonjonino7:20181006110720j:plainここから先が境内の上にある山。f:id:jonjonino7:20181006110828j:plainf:id:jonjonino7:20181006110951j:plainけっこう形の整った丘になっており、登りやすい。f:id:jonjonino7:20181006111053j:plainf:id:jonjonino7:20181006111111j:plainf:id:jonjonino7:20181006111138j:plain画像からは分かりにくいですが凄く人工物っぽいフォルム。f:id:jonjonino7:20181006111329j:plain物凄~く蚊が多いです( ´~`)ゞf:id:jonjonino7:20181006111353j:plainもう顔もカメラを持つ手も虫に喰われてボコボコwf:id:jonjonino7:20181006111418j:plainこの形は今までも散々見てきた構造体ですね。考えられるのは近代に入ってから砦として石垣を組んだ上に森が出来たか?・・・f:id:jonjonino7:20181006112251j:plainまんま古墳か?
どちらかというと「前方後古墳」な気配がしますが。f:id:jonjonino7:20181006111934j:plain裏には駐車場がございますのでクルマもばっちり停められます🎵f:id:jonjonino7:20181006112952j:plain他にはこんな物もあります。f:id:jonjonino7:20181006113042j:plain亀の祠なのか亀の燈籠を地面に埋めたのか今一つ意図がわかりかねます。f:id:jonjonino7:20181006113230j:plain
社務所ですが誰も居なかった・・・。多分、御朱印貰えます。f:id:jonjonino7:20181006113432j:plainf:id:jonjonino7:20181006113501j:plainじゃ、これで帰りましょうかね。😅
f:id:jonjonino7:20181006113755j:plain因みに駐車場は正面からみて左手奥の方にあります。f:id:jonjonino7:20181006113919j:plain近くの川。f:id:jonjonino7:20181006114346j:plain
段々日が短くなってる気がします。お疲れさまでした。

※ゾイドはタカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181006164515j:plain

三島市三好町 愛鷹神社

🎼人間の時代へ。f:id:jonjonino7:20181003232148j:plain
SPEC・・・・<名前>アシタカ神社 Ψ祭神 日本武尊 ∞愛鷹山信仰  《発掘地》 〒411-0843 静岡県三島市三好町12−30・・・・いつ頃、勧譲された物なのか定かではないが、他の愛鷹神社では天照大神や、ニニギノ命、山幸彦など愛鷹山信仰は主に神武天皇(ヤマトイワレビコ命)に至るまでの神々を祀っているのが特徴で、コノハナサクヤ姫やイワナガ姫あたりでストーリーが終わっている三嶋信仰と天皇ありきの伊勢信仰を繋ぐ狭間の神話と言えるかも知れません。まだ勉強中ですが。社殿が権現造りなのも初代天皇誕生前の神々を暗黙のうちに実在した人物であるとしているのかも知れませんね。「竹取之翁」と関係があるらしい。(この記事も後日加筆修正が必要ですね。😖💦)

f:id:jonjonino7:20181004005037j:plain

はい、という訳で三嶋大社周辺の神社に挨拶周りをしに行きます。今回の目的地は三好町の愛鷹神社。f:id:jonjonino7:20181004005341j:plain
・・・その前に喉が乾きましたのでこちらで天然水を飲んで行きます❗f:id:jonjonino7:20181004005513p:plainすごく美味しい水で御利益まであるそうですが、天然水である宿命として定期的な水質チェックが必要でありf:id:jonjonino7:20181004010005j:plain特にお水をペットボトルに入れてもって行きたい方は、御賽銭箱型募金箱に100円以上入れてあげて下さい。
f:id:jonjonino7:20181004010938p:plain
国道1号線沿いの、かっぱ寿司さんの駐車場の奥に愛鷹神社があります。f:id:jonjonino7:20181004011114j:plain第二駐車場の真横ですね。f:id:jonjonino7:20181004011327j:plain
到着❗f:id:jonjonino7:20181004011535j:plainではご参拝!f:id:jonjonino7:20181004011956j:plain明神鳥居を潜る前に一礼。f:id:jonjonino7:20181004012316j:plainほんのりミリタリー臭が・・・静岡県と山梨県は割りと保守的な方が多く、そこがリベラルの多い北関東とはだいぶ違う風土ですね。基本的にたんぱくで歴史の話はしやすいが逆にドライな人が多い。f:id:jonjonino7:20181004013114j:plain何処が正中(神の通り道)か分かりませんが愛鷹神社のスタンダードなのだろうか?f:id:jonjonino7:20181004013802j:plainネットの情報ではこちらの愛鷹神社にはヤマトタケルが祀られているとのこと。f:id:jonjonino7:20181004013947j:plain二礼二拍手一礼・・・・主祭神がヤマトタケルだとすると、左にある祠は何なのかな。f:id:jonjonino7:20181004014207j:plainノリから考えて三嶋神の大山祇大神だろうか?一応挨拶。f:id:jonjonino7:20181004014532j:plain神社の横に川があるのは御祓をやっていた時代の名残だという。f:id:jonjonino7:20181004014347j:plain権現造り、つまり祀られているのは日本武尊命でも、あくまで神ではなく人間を祀っている事の証。f:id:jonjonino7:20181004014916j:plain
シンプルですね。以上、愛鷹神社でした。

※ゾイドは、タカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181004142812j:plain

三島市西若町   伊豆國二宮・若宮神社

🎼最後の戦いの刻。f:id:jonjonino7:20181003212140j:plain
SPEC・・・・<名前>ニノミヤ・ワカミヤ神社  Ψ祭神 物忌奈乃命、天神、山神 ∞学問  《発掘地》〒411-0038 静岡県三島市西若町8−7・・・・紀元前、南の海から伊豆半島に上陸した三嶋神族の王子達が国造りに成功したとおぼしき地。江戸時代には既に都会であった。境内には天神として知られる学問の神、菅原道真公と三嶋神話に欠かせない文明をもたらした海神にして山神、大山祇大神も合祀されている。伊豆の国市にある若宮神社の二つ目だと思います。



f:id:jonjonino7:20181003040311p:plainこちらは三嶋大社の近くにある若宮神社。例によって三嶋信仰の若宮様なのでしょうか?由緒不明です。f:id:jonjonino7:20181003151700j:plainこの通りは狭い上に一方通行です。f:id:jonjonino7:20181003151943j:plainそしてご覧の通り駐車場は皆無です😃
電車で行きましょう❗f:id:jonjonino7:20181003152143j:plainf:id:jonjonino7:20181003152212j:plain奥に巨大な石碑。f:id:jonjonino7:20181003152316j:plainf:id:jonjonino7:20181003172020j:plain
f:id:jonjonino7:20181003172058j:plain暑い・・・水が飲みたい❗f:id:jonjonino7:20181003172228j:plainなんだかこの手のは何が書いてあるのか見えないwf:id:jonjonino7:20181003172343j:plain私の身長じゃここらが限界❗f:id:jonjonino7:20181003172450j:plainf:id:jonjonino7:20181003172542j:plainでは改めまして参拝します。(*^^*)f:id:jonjonino7:20181003172652j:plain
鳥居を潜る前に一礼。f:id:jonjonino7:20181003172739j:plainf:id:jonjonino7:20181003172858j:plain参道が直進と左折で別れてます。f:id:jonjonino7:20181003173006j:plain・・・ではひねくれ者なので左へf:id:jonjonino7:20181003173154j:plain
境内の奥はアパートになっている模様。f:id:jonjonino7:20181003173558j:plainん?左の方に小屋が。f:id:jonjonino7:20181003173806j:plainf:id:jonjonino7:20181003173926j:plainf:id:jonjonino7:20181003174517j:plainすぐ左のこれはf:id:jonjonino7:20181003174846j:plain菅原道真公が祀られる天神社か。お参りすれば頭良くなるかな・・・?😅f:id:jonjonino7:20181003175005j:plain2回お辞儀して2回拍手して1礼。f:id:jonjonino7:20181003175117j:plainf:id:jonjonino7:20181003175139j:plain中は暗くてよく見えない。f:id:jonjonino7:20181003175233j:plainでは一番遠くにある社へ。このパターンはおそらく次は大山祇神・・・つまり山神❗f:id:jonjonino7:20181003175437j:plainf:id:jonjonino7:20181003175515j:plainf:id:jonjonino7:20181003175601j:plainドンピシャ❗では大山祇神に御挨拶。
「祓えたまい、清めたまえ、守りたまいさきわえたまえ・・・」←ゆかりある漣神社に書いてあったやつ。f:id:jonjonino7:20181003180200j:plain2拝2拍手1礼❗次はいよいよ拝殿の若宮くん。f:id:jonjonino7:20181003180319j:plain千木も鰹木も無しで石の間(神様キッチン)で本殿と拝殿が接続された権現造り。f:id:jonjonino7:20181003181216j:plainこれは実在した人物を祀る時の形式。f:id:jonjonino7:20181003181303j:plain若宮とは皇族の子のこと。敢えて八幡をつけない辺り、やはり仁徳天皇の事では無くあくまで三嶋神族の皇子の事なのかも知れない。・・・等と知ったふうな事を。f:id:jonjonino7:20181003181652j:plainf:id:jonjonino7:20181003181841j:plain
f:id:jonjonino7:20181003181951j:plain南の海から大船団でやって来て伊豆に上陸し、ここで国造りしたのかと思うと中々大した皇子だ。f:id:jonjonino7:20181003182241j:plainf:id:jonjonino7:20181003182336j:plainコイツらが静岡県と栃木県、茨城県に工業をもたらしたタケミカヅチやヒノカグツチの一族なのだろうか?f:id:jonjonino7:20181003182528j:plainつまり三嶋神≒天狗なのでヒノカグツチ&タケミカヅチも👺?f:id:jonjonino7:20181003182704j:plain2礼2拍手1礼で御挨拶。何はともあれ御苦労様でした。私もいつかあなた方のようなエンジニアになりたい・・・。f:id:jonjonino7:20181003183514j:plain
私をどうかネ申にして下され❗さて、次は・・・f:id:jonjonino7:20181003183736j:plain
散々記事にするのを逃げ回ってる三嶋大社辺りかな・・・。f:id:jonjonino7:20181003184204j:plainファンブックの片鱗。f:id:jonjonino7:20181003184306j:plain

・・・・しばらく触れないで置こう。触れたら収拾つかなくなりそうな容量。f:id:jonjonino7:20181008135312j:plainf:id:jonjonino7:20181003185305j:plain

※ゾイドは、タカラトミー並びにコトブキヤの商品です。
f:id:jonjonino7:20181004142716j:plain

∈ 裏STAGE ∋ 地図に出ない場所

f:id:jonjonino7:20181003140435j:plain
さ、今日も冒険するかい?
秋葉大権現・・・。こちらは三島市加屋町の秋葉神社から三嶋大社へ向かうメインストリートの一角。ひしめくお洒落なお店の間にある謎の空白地帯。f:id:jonjonino7:20181003140739j:plain道は広いです。f:id:jonjonino7:20181003140817j:plainf:id:jonjonino7:20181003140853j:plainどうやらお寺?のようです。😅
・・・秋葉大権現ってヒノカグツチだよな?
f:id:jonjonino7:20181003141015j:plain
因みにGoogleマッピングによるとf:id:jonjonino7:20181003141110p:plainこんな感じで何もありません。位置関係としてはこう↓f:id:jonjonino7:20181003141240p:plain
静岡県三島市本町8 三島市本町8−5にあるカフェが最寄り。f:id:jonjonino7:20181003141714j:plain
左手におびただしい数の仏像があります。
f:id:jonjonino7:20181003141815j:plainf:id:jonjonino7:20181003141845j:plain表札から秋葉信仰と関係があることだけはわかりますがなんなんでしょうかね😅f:id:jonjonino7:20181003142006j:plainf:id:jonjonino7:20181003142050j:plainせっかくですので参拝して帰ります❗f:id:jonjonino7:20181003142203j:plainf:id:jonjonino7:20181003142228j:plain向富山?むかいとやま?山富向・・・さんふこう?やまとむかい??f:id:jonjonino7:20181003142551j:plain2拝2拍手1礼・・・じゃないよね多分。f:id:jonjonino7:20181003142721j:plain

以上!謎のエリアでした😅

と、言うように通い慣れた道というのは無意識のうちに目的地に到着するために必要な情報以外を私達自身が常時シャットアウトしてますから、
例え住み慣れた街でもひょんな切っ掛けから異空間や迷路が現れたりします。特にお年寄りのように記憶力が低下していたり、お子さんのように何かに夢中になっていると普段見落としていた道や街並み等の情報に押し流されて迷路の中に閉じ込められてしまうのです!
・・・怖いですよね?では。